日日是くさむしり

【にちにちこれくさむしり】日々の草むしりの工夫の記録

タンポポの根を全部掘り起こしてみた

タンポポがそろそろ目を覚ます季節です。庭のロゼットを見てなんとかしなきゃと思うのですが、つい根が深くて抜くのが大変だから後回しにしてしまいます。

根が深い…そういえば普通のサイズのタンポポの根をきれいに丸ごと引き抜けた記憶はありません。…深いって、どれだけ深いのか?

 

掘り起こしてみることにした 

というわけで、手頃なサイズのタンポポの根の深さがどんなものなのか調査です。

選んだのはロゼットの直径15センチほどの株。地面は山砂、特に耕したり肥料をまいたりはしていません。西日の当たる、乾燥したエリアです。

 

よく見るサイズのタンポポ

よく見るサイズのタンポポ

 

早速掘っていこう

まずはいつもの草抜きで周囲の草の根を剥がしていきます。タンポポの根を傷つけないように慎重に。

 

f:id:triloid:20200229201124j:plain

周りから攻める

 

中心の根がどのあたりにあるのか探っていくうちに、横に分岐した太さ数ミリの根を折ってしまいました。そうそう、こうやってポキっと折れやすいんだよね…分岐部分の残りは5センチくらい。

本体はまだ姿を見せていません。

 

f:id:triloid:20200229201402j:plain

 

本体が顔を出した

やっと本体部分を探り当てました。直径は18ミリくらい。思ったより細い。これならそんなに深くなさそう…

 

f:id:triloid:20200229201637j:plain

出てきました

 

根に沿って掘り進んでいきます。このままシュッと細くなっていくなら、長さ15センチくらいかな?15センチならさほど苦労しないで撤去できそう……

 

と思っていたのですが

 

f:id:triloid:20200229202036j:plain

…ん?

 

なんだか雲行きが怪しくなってきました。

ロゼット直下の太さが細くならないで、そのまま地中にどこまでも伸びています。極太のラットの尻尾っぽいです。

え、これ先が全く見えないんだけど……

 

f:id:triloid:20200229202511j:plain

どこまで続いてるんだ!

 

草ぬきだと追いつかないので、シャベル(大)を持ち出して周囲を大きく掘り起こしました。タンポポ一株相手にしてるだけなのに、直径数十センチの穴を掘るはめに。

 

f:id:triloid:20200229202908j:plain

枝分かれ!?

 

しかも分岐し始めました。ここから下は小石が多い地質なので、石に当たって根が別れたようです。

 

なんとか抜けた

 

分岐してから数センチ進んだところで、根が抜けました。…先がちょっと残ってしまったかも知れない。

 

f:id:triloid:20200229203300j:plain

「よくも抜いたな」とか喋りそう

 

長い。長すぎる。想像のはるか上を行かれました。40センチくらいあります。正直言って、非常に気持ち悪い。「生き物」って感じがします。

ちょうど息子が出てきたので見せたら、第一声が「キモッ!」でした。

 

f:id:triloid:20200229203538j:plain

小指が立ってる

 

こりゃ抜けないわ

 

f:id:triloid:20200229203903j:plain

起き上がりそう

 

…なんだかファンタジーに出てきそうなものを掘り起こしてしまいました。

これはあれだ。マンドラゴラだ。抜くと叫び声をあげて、それを聞いた生き物は気が狂ってしまうというアレ。

こいつは叫び声こそ出しませんでしたが、庭に残っているタンポポに全てこの長さの根がついていると考えると、違う意味でおかしくなりそうです。

…えー、今後のタンポポに対する処置をどうするか、草むしりの基本作戦自体を練り直さないといけないようです。

 

f:id:triloid:20200229204515j:plain

庭にクレーターが残った