日日是くさむしり

【にちにちこれくさむしり】日々の草むしりの工夫の記録

庭の雑草の種類を調べてみた

 

今年から心を入れ替えて真面目に(?)草むしりを始めたわけですが、作業しながら感じたのは「意外と草の名前を知らないなー」ということです。特に抜きにくいとかしぶといとか、恨みがある草は覚えているのですが、地味な草は「見たことあるけど名前は知らない」状態でした。

そこで庭の草の種類を調べてみることにしました。後々それぞれの草の性質も勉強していきたい。敵を知れば百戦危うからず。

 

場所別に調べました

 

1.日陰の砂利面

隣家の間で、ほとんど日が当たらない砂利面。山砂の上に砂利を約2センチ敷いています。

2.ブルースレートの砂利面

ブルースレートを敷いた上に自転車や車が頻繁に通り、踏み固められた範囲。いわゆる駐車場のイメージ。

3.西日が当たる土面

山砂で午後に日が強く当たる。水はけが良く、かなり乾燥している。

4.南に面した土面

もとは山砂だけだったのを、庭木を植えるために一部耕して肥料を入れています。日当たりは午前中、地中の水分は多め。

 

以上の場所に生えていた草の一覧がこちら(2020.2.23)。

 

  1.日陰の砂利面 2.ブルースレートの砂利面 3.西日が当たる土面 4.南に面した土面
アマゾンチドメグサ      
アメリカセンダングサ      
イノコヅチ      
ウラジロチチコグサ
 
エノコログサ    
オオイヌノフグリ
   
オオバコ      
オニタビラコ
   
オニノゲシ    
オヒシバ      
オランダミミナグサ  
カタバミ
キュウリグサ      
コニシキソウ  
 
セイヨウタンポポ
タネツケバナ  
トキワハゼ      
ドクダミ      
ノゲシ
   
ハハコグサ
   
ハルジオン      
ヒメジョオン
 
 
ヘクソカズラ      
メヒシバ

 

セイヨウタンポポ(王)とメヒシバ(女王)

 

うすうす感づいていたけど、一覧にしてみて確信しました。セイヨウタンポポとメヒシバが強すぎる。我が家の庭が完全に占領されている。乾燥してるとか踏み固められてるとか、そんなの関係ねえ!と言わんばかりの繁栄っぷり。

次点でカタバミでしょうか。でも上記のチート2種に比べると一段格下感があるのは否めない。なんでかって、抜きやすいから。

それとこの中で残してもいいかなと思うのはトキワハゼとキュウリグサとオオイヌノフグリ。花がきれいでそんなに増えないから。でも他の厄介な草に紛れて生えてくるので、巻き添えでいつも抜かれている。気の毒に。

 

これで全種類とは思えない

 

まだ季節が季節なので、上記の草だけでオールメンバーじゃないと思います。今回調べた種類はなんとなく覚えたんですが、暖かくなるにつれて、「お前誰だよ!!」という奴らがわさわさ生えてくるはず。新しい種類を見つけたら、順次更新していきたいと思います。

植えた覚えのない木まで生えてくる

植えた覚えのない木まで生えてくる