日日是くさむしり

【にちにちこれくさむしり】日々の草むしりの工夫の記録

草むしりに適した季節について考える

みなさん、好きな季節はなんですか。
過ごしやすさから言うと春~初夏、レジャーの観点からだと夏、食べ物の美味しさだと秋。が一般に人気なのかと思います。
しかし草むしりの快適さから考えると、個人的には断然冬が最高です!

冬は刺す虫がいない

草が勢いを増す季節は春からですが、近年温暖化のせいか、蚊が発生する時期が早まっている気がします。
あー草伸びてきたなー、でも庭に出ると蚊に刺されるしなー、ちゃんと防御しないと外に出られないなー…とかぐだぐだしているうちに、あっと言う間に庭が草に覆われてしまう。
その点冬なら、部屋着の上にコートを羽織っただけで気軽に外に出られます。ちょっとコンビニ行ってくるわ、の感覚で一刈り。冬最高!

冬は草が成長、繁殖しない

庭全体を一度に除草しようと思ったとします。そして「よし、今日は徹底的に草むしりするぞ!!」と意気込んで、半日使ってすごく頑張ってきれいにする。でも完全には除草しきれないわけです。そうすると、そのあと3週間くらい「この前頑張ったからしばらく草むしりしなくていいかなー」となり、結果的に残った草が成長し、さらの新規の草が生えてきて収拾がつかなくなる。ということを何度も繰り返してきました。

なので、最近は一回に少しずつ、回数を増やして抜いていく方向性で進めています。

ここで問題になってくるのが草の成長が早い時期。庭の端から草むしりを少しずつ始めて全体が終わる頃には、開始地点にまた新しい草が生えてきているという無限ループに陥ります。もう一回むしれるドン!
冬であれば、いくらゆっくり進めてもきれいにした場所からご新規様が生えてくる心配はないので、心安らかに草むしりを進めることができます。

冬は暑くない

見出しがちょっと禅問答っぽいと思ってしまいましたが、最重要ポイントです。なんせ死ぬ心配がありません。

近年の夏は暑すぎて野外プールも使えなくなるし、8月の昼間なんて誰も外を歩いていません。
その中、蚊と日焼け対策で長袖軍手長靴、首にタオルで草むしりなんて、なんの苦行かと。梅干しと水筒必須。1時間経つ頃には滝汗です。ぶっちゃけちょっと痩せます(水抜ける分)。

ここまで書いて思ったんですが、40℃近くまで暑くなるなら、真夏は草むしりしなくても許される気がしてきました。

その分冬に草むしりしましょう。いくら外にいてもなんの問題もありません。寒ければ着ればいいだけです。

冬よ永遠に

ほんとは冬じゃなくて、種が落ちる前の初秋に草刈りすれば良いんですよね。そうすれば次の春に芽吹く草が減って楽ができる。良くわかってます…わかっているけど、11月までしぶとく蚊がいるし、結局冬に庭に出るのが好きなんです。

特別な装備も無しに気が向いたらふらっと庭に出られて、虫に食われる心配もなくゆっくり周囲を見渡せて、草むしりが終わると虫目当てで鳥がやってくる。暖かい季節には考えられない優雅さです(やってることは草むしりです)。

この記事を書いているのは2月中旬です。暦の上ではもう春で、気温が高くなる日も増えてきました。やばい。
残り少ないベストシーズンを大事に使って、できるだけ草むしりを進めたいと思ってます。

ヒヨドリ
ヒヨドリかわいいです